とまべっちーの考え事

ホラクラシー組織の学習塾を作ってみたい。

一月万冊ファンの逡巡が分かる動画  

社会悪である一月万冊の動画配信が再開されていないことを確認した。これでよい。それにしても、いまだに1万人以上がチャンネル登録しているのはどういう意味だろうか。再開を待っている人たちがそんなにいるのだろうか。それとも逆の意味でのウォッチャーたちなのか。

ところで、関連動画にこんなのが出てきた。けっこう良かったので貼っておく。あらかじめ配信者の方は当事者(被害者)の方にお見せできるようなものではないと断っていることに注意されたい。あくまで一月万冊のファンだった人たちで、事件発覚のあと人を見る目に自信がなくなっている人たち向けの動画だ。



こういう内容を語り合うのはとても意義のあることだと思う。ショックを一人で抱えているのは不健全なので、グループ療法のような要領で人と話し合う機会があるといい。

また、当の一月万冊の更新が滞っているために、YouTubeで検索するとこの動画が上の方に出てくるのも良い傾向だ。

内容としては、清水はカメラの前で現実とは違う自分になりきっていたのだろうとこの方は推論している。それは苫米地式コーチングの教えに沿った行動だったといえる。なりきっていたのだから本人としては嘘を言っている自覚がない。だから視聴者から見ても、嘘をついているようには見えない。そういうわけなのだから人を見る目に自信をなくす必要はないんじゃないかと言っている。

私もそうだと思う。視聴者が清水の嘘を見抜くのは難しかったと思う。むしろ彼の本音のほうに危険な発言が多々含まれていたので、そこに気付いてほしかった。彼の人格や思想は動画を見れば明白だった。それ自体が病的であり、浅薄な欲望と怨念にもとづくものだということにどうして気付けなかったのか。いや、むしろそこにこそ共感し、熱心なファンになっていたのではないか。視聴者も清水と同様の欲望をもち、怨念をもっていたから、積極的に一月万冊にコミットしていたのではないのか。反省してほしいのはそこである。

カテゴリ: 一月万冊 清水有高批判

tb: --   コメント: 2

コメント

視聴者の期待としては、コーチングでどうやってお金を稼げるかというところが知りたくて、何となく視聴していた人もけっこういたと思います。

あとはゲストの著者の話が聴きたくて、視聴していた人もいるでしょうか。

認定コーチたちのコーチング話もそうでしょうか。

YouTubeライブ配信開始以降に、チャンネル登録者数も順調に伸びてたので、その勢いを感じた人もいるでしょう。

浅薄な欲望と怨念は、YouTubeなどのネット配信者のほとんどは持ち合わせているので、彼に限らずだとは思うのですが、そのあたりをコーチングや読書ネタ、ゲスト出演者とのトークでうまくごまかしていたとは思います。

元一月万冊視聴者のひとり #- | URL
2018/12/24 22:55 | edit

私が今一番思うのが、「ああ、金持ちになるには、ここまでしなきゃいけないんだ……。」といった思い込みが、事件発覚でやっとわかってよかった。というところでしょうか。私個人の中での話ですが。

というのも、一月万冊を見始めてハマってから、金を稼ぐのが下手になっていたんです。そこから脱することができてよかったです。ただまあ、「下手になったかと言って、その前の状態に戻ってそれでいいか」と言われればNOですが。

全体で見れば、「家族のようにって言うけど、アンタ家族関係よかったっけ?」とやっと気付いたというかなんというか……。「アットホームな職場です」って、どう考えても何かのフラグなわけです。まあ、違和感を感じつつ、見て見ぬ振りをしていたというか……。

「視聴者も清水と同様の欲望をもち、怨念をもっていたから、積極的に一月万冊にコミットしていたのではないのか。」というのはまさにそうで、「親に対して抱えていた不満等を上手く引っ張り出され、それについてうだうだ考えること」に、ある種の快楽があった気がします。もちろん、その快楽を感じて良いことがあるかといえば、当然無く、むしろ悪い方向に向かっていた気がします。今では、親との関係も良くなりましたし、「ああ、余計なこと考えて生きていたな」と気付けました。


ちなみに、恐ろしいこととして、一月万冊の動画を見始めた頃は、「この人、なんとなく怖いな。声が硬いし。」と思っていたのですが、だんだん慣れて、むしろそこに安心感を感じるようになってしまったことです。
私だけかもしれませんが、皆様がどうだったのか、気になるところです。

風吹けば名無し #a2H6GHBU | URL
2018/12/27 20:13 | edit

コメントの投稿

ブログパーツ