とまべっちーの考え事

ホラクラシー組織の学習塾を作ってみたい。

東さんにブロックされた件を考える  

昨日のうちに東浩紀さんにツイッターでブロックされた。どの記事が容認されなかったのかは予想がつく。東と宇野を同列に扱ったこと、東の批評も大枠でいえば自己啓発の範疇に入るのではないかと示唆したのがいけなかったらしい。ブロックされたくない人は参考にしてほしい。

ブロックされたので強制的に東から訣別することになるが、いいタイミングなのかもしれないとも思う。ここで私の東浩紀体験を少し総括してみたい。

10年以上の間、最も尊敬する人物として東を挙げてきた。何を考えるときもまず東のフィルターを通して物事を見てきた。私は東に依存していた。情報収集を億劫がる情弱だった私は、とりあえず東だけをフォローしていれば世の中の流れがおよそ分かるので、非常に重宝していた。私のような東ユーザーは多いと思う。私はサブカルにも興味はないし、批評オタクでもない。ただ世の中のことを理解するために、東浩紀ほどの解説者はいないと思っていたのだった。

もう東に依存することができないと思うと、正直に言って寂しい気持ちがある。心に冷たい隙間風が入ってくるような気分だ。だが、今は東以外にも信頼できる情報源は多数ある。何とかなるだろう。

ゲンロン総会に関するタイムラインを見ると、既視感があった。これは「ゲンロン0」の発売時のタイムラインに似ているのだと思った。あの界隈はお祭りになると一気に知能指数が下がる。(悪いとは言ってない)

ゲンロンはファンビジネスであり、体験提供ビジネスであり、コミュニティビジネスである。その中心にアイドルでもありメンターでもあるカリスマ東浩紀が君臨している。その構図は、東自身がいくら違うと強調しても、宇野常寛のビジネスに類似したものだと私は思う。いくらゲンロンは自己啓発ではないと自己定義しても、自己啓発(ないし精神安定剤)として消費されている面があることは否定できないと思う。

私は本当にそのように考えているので、それを指摘したことでブロックされるのであれば仕方ないと思う。

また、山川賢一の動画を貼ったことでアンチ認定されたのかもしれないが、公平に見てあの動画は勉強になると思う。鵜呑みにするわけではないが、そういう見方もできるのではないかと思う。山川に対する反論・検証ブログも存在しており、それらを合わせて読むことにより、東浩紀をよりよく理解できると思う。そのような批判的な議論は本来東にとっても歓迎すべきことのはずだ。なぜ神経質に排除しなければならないのか。山川に痛いところを突かれているからではないのか。

この件については今後も時間をかけて考えていく。

カテゴリ: 東浩紀論

tb: --   コメント: 9

コメント

私のせいかも。

私がこのブログできついことを書いたから、ツイートをブロックされたかも。

て、私的には逆に私の書いたことが正しかったことの証明に思えます。

チンギスハンだったか、「自分に耳の痛いことを一日一度は言え」と。

家康は「諫言をするものが、一番の勇者」

貞観政要では「偏信は、兼聴に及ばない」



すぐれた知能と力量がある方に思えるのに、残念ですね。


キツイ意見とは思ってましたが、「君たるは難し」というか、多くの人を束ねるの難しいし大変。

なにせ「もっと頑張れ!」みたいに発破を掛けると、日本代表クラスの選手を試合中に殺人タックルさせる力を、権力者の言葉を持っているのだから・・・
部下の「生死・成功や失敗」の命運の権限を一手に握っているのだから、そりゃ大変な仕事に決まってます・・

駄文を書いて失礼しました。








遍照飛龍 #RFphBmaY | URL
2018/12/23 11:12 | edit

そうですね。遍照飛龍さんの見立てが正しかったことが証明されたような展開になりました。
人の上に立つことの難しさとか、いろいろ考えさせられます……。

とまべっちー #WSsdzqd. | URL
2018/12/23 12:59 | edit

東浩紀の面白さって、そもそもどのあたりなのでしょうか?

10年前くらいに知人が東浩紀にハマっていて、本(ゲンロンってタイトルに書いてあった気がする)を10ページほど読んだ上で「東浩紀の何が面白いのかサッパリわからん」と言ってからその知人とは疎遠になった、などあったので、気になりました。

ただまあ、今思うと、苫米地英人の本を勧めて似たような対応(「苫米地の何が面白いのかサッパリわからない」などと言う)をしてきた友人も、なんとなく似た心境だったのだろうな、と思うわけです。

風吹けば名無し #a2H6GHBU | URL
2018/12/26 16:31 | edit

いい質問をありがとうございます。

熱心な東浩紀ファンと熱心な苫米地英人ファンの心理構造は似ていると思います。2人ともそれぞれの仕方で世界の構造を分かりやすく解説してくれるので、それが自分の好みに合っている人は熱心なファンになるのでしょう。

東の一番の魅力は難解な哲学概念を簡単に要約してくれるところだと思います。哲学に関心はあるけれど難しい本は読みたくない消費者にとってはとても便利なのです。この東の要約力は時事問題の解説でも生かされています。私はニュース解説者としても参考にしていました。

また、世間の東浩紀ファンの中には、彼のオタク体質や被害妄想気質などに親近感を持っている人も多くいると思います。

いずれにせよ東は文芸の人なので、直接的には役に立たない文章ばかり書いています。関心のない人から見れば「それが何?」で終わってしまうのでしょうね。あとは単純に彼のキャラを受け付けない人もいると思います。

とまべっちー #WSsdzqd. | URL
2018/12/26 18:26 | edit

なるほど。それはまあ、ハマる人はハマるだろうなと。

ただ、哲学の解説であれば、飲茶という人物の方が私の好みなので、東浩紀の方に走らずに済んだみたいです。ただまあ、飲茶さんの文章は、少し正確さに欠けるというのもありつつ、「飲茶の本を読んでも、別にインテリぶれない」みたいなところはあるので、まるで興味を示さない人はたくさんいるだろうな、と思いつつ。
このサイトの人です。 http://noexit.jp/tn/gakuMenu.html


あと、東浩紀のキャラは苦手かもしれません。特段知らないわけですけどね。ひとまず言えることは、東浩紀の文体が苦手です。まえがきの時点で読む気がどこかに行きました。
それもありつつ、苫米地英人の文体も、今となっては苦手になったわけです。ハイパーラポールのおかげで、読めていたのだと気付けたというか、なんというか。

オタク体質や被害妄想気質な人間は……。女性ならば好みですが、男だと、「どっか行け!」と思います。せっかく匿名なので、普段書きづらいことを書いておきます。(そして、本筋とは全く関係無い)

風吹けば名無し #a2H6GHBU | URL
2018/12/26 23:57 | edit

ご紹介の哲学解説サイトは勉強になりそうですね。ちょっと読んでみたいと思います。
2018年は哲学の入門書も良いのが出ていまして、國分功一郎や斉藤哲也の本などがよく売れているようです。学習環境は充実していますね。

とまべっちー #WSsdzqd. | URL
2018/12/27 11:19 | edit

哲学を気軽に学びやすくなったのは良いことだと思います。なにせ、哲学仲間を増やしたくて本とかを紹介しても、「何書いてあるのかわからない」で終わることばかりでしたから。気軽に紹介しやすくなったという一面もあると思います。

また、高橋昌一郎『知性の限界』で、科学哲学の中の、「科学の定義」についての緒論を学んでおいたおかげで、苫米地英人が語る内容等について、「いいけど、苫米地が言うところの科学の定義って何?苫米地の中での科学ではそれは科学的に正しいのだろうけど、よその科学では大丈夫なの?」と、少しは疑えたのがよかったかなと思います。
しかしながら、結構金を使ってしまいましたが……。

風吹けば名無し #a2H6GHBU | URL
2018/12/27 19:26 | edit

東批判をしたわけじゃないけどブロックされてた
5年10年単位で見てたけど https://twitter.com/osa/status/1075579480092041218?s=20
これ1レスだけでブロックされてた
ブロックされて もう一生見れなくなると思うと悲しいです

#sSHoJftA | URL
2018/12/30 20:46 | edit

実際にブロックされてみると結構悲しいですよね(笑)、分かります。

でも普通に考えて、こういうブロックの仕方は良くないと思います。東さんが見たくないなら「ミュート」すればいいことだと私は思います。しかし、自分にとって不愉快なコメントをする人には情報もあげないというのが東さんのやり方なんですよね。

この機会に、東さんを相対化する方向で、他の情報ソースを探してみてはいかがでしょうか?

とまべっちー #WSsdzqd. | URL
2018/12/30 21:12 | edit

コメントの投稿

ブログパーツ