とまべっちーの考え事

ホラクラシー組織の学習塾を作ってみたい。

ハラスメントを批判するなら権力組織も批判しないと  

私が会社員を辞めた理由はパワハラだった。権力者のエゴに付き合わされるのにうんざりした。軍隊型の組織には強い疑問を持っていた。だから「ティール組織」には当然心が躍ったし、ハラスメントや企業不祥事のニュースには敏感に反応してきた。安冨歩に関心を持ったのもハラスメントに焦点を当てる理論だったからだ。タイムリーだったのである。

今年はハラスメントのニュースがたくさん流通した。私としては願ったり叶ったりの状況になった。これで軍隊型の組織形態に対する限界が認識されて、社会全体がティール組織のほうへと舵を切ってくれれば理想的だと思った。

しかし、これほど権力者の不正行為が次々と明るみに出ているにもかかわらず、ティール組織の認知度はまだまだ低いし、具体的に取り組んでいる人たちも少ない。小さな研究会がある程度のものだ。世間の風潮は、ハラスメントは許せないが、権力的な組織形態は依然として必要だという認識である。

ホラクラシー組織で有名な島田氏のインタビュー動画がある。私には興味深いが、再生回数はなんと1桁である。

権力的な管理を手放すためには明文化されたルールが必要になる。手間がかかるし、新入社員がキャッチアップするまでに一定のコストもかかる。なにしろ特定の上司がいないので、意見があるときはいきなり会社(つまり同僚全員)を相手にしなければならなくなるからだ。また、メンバ―間の意識レベルがかけ離れているとうまくコミュニケーションできないので、そのあたりが難しいそうだ。

自然(じねん)経営の研究会も毎月やっている。
https://201902mc.peatix.com/view

やはり印象として、個々人の感性や精神的な成熟度に依存する度合いが大きいような気がする。世間もおそらくそう思っていて、有能な人にフリーハンドの権力を預けてしまったほうがいいという感覚がまだまだ根強いのだと思う。それでいてハラスメントは絶対ダメ!という風潮なので、経営者や管理職者はますます無理ゲー感が強まっている。能力も人徳もすべてを備えていなければならない。

私は自然経営の組織で働けるような人材を育てたいと思っている。もう価値観の固まってしまった大人は仕方ないので、10代の子たちに次世代のライフスタイルを示したいと思う。私が教育の仕事をしているモチベーションはそれに尽きる。しかし、実際に付き合ってみると、子どもたちの思考回路は予想以上に頑固で、柔軟さや複雑さに開かれていない。単純な数値上の優劣にかまけていたり、ファンタジーに夢中で現実の人生に関心がないような子たちに直面する。率直に言って途方に暮れてしまう。あまりにも幼稚で、あまりにもレベルが低い。教育など無意味なのではないかという思いが頭をよぎる。

教育などしなくても、従来型のヒエラルキー組織に根本的な疑問をもつ人は常にいるだろうから、そういう人たちが自然と集まってくるサークルとして、自然経営研究会などの場があればいいのかもしれない。その縁で、適性のある人はちゃんと職場を得られるようになれば、それでプロジェクトは十分に成功したと言っていいのかもしれない。あとは、あらゆる業種でホラクラシー組織の会社が受け皿として一定数存在してほしい。そういう意味では、私はホラクラシー型の学習塾を作ることで貢献できるかもしれない。

カテゴリ: 会社について考える

tb: --   コメント: 3

コメント

無題

>権力的な管理を手放すためには明文化されたルールが必要になる。


日本人って、明文化されたルールってを理解できない・厭う傾向が強いので、

権力指向になるのかもって思いました。

権力系の組織でも、明文化されるルールは必然で要です。信賞必罰っていうように。

それを厭う傾向が強い。


家族経営とかいうのになると、構成員の資質が合わないと、経営者が搾取されるか、逆に従業員が道具か奴隷に成る傾向が多いと思います。
法が明文化されないてのは、恣意的な法の運用の母体だから。


>世間もおそらくそう思っていて、有能な人にフリーハンドの権力を預けてしまったほうがいいという感覚がまだまだ根強いのだと思う。それでいてハラスメントは絶対ダメ!という風潮なので、経営者や管理職者はますます無理ゲー感が強まっている。能力も人徳もすべてを備えていなければならない。


同感。

経営者もその思想なりノウハウも無いし、同時に従業員も「臣たる道」とか無い。

「無道な君主は見限って逃げても可」ってならないと、隷従かブチ切れか引きこもりしかなくなる。


あまりに「村落共同体」で、会社が「人生丸抱え」でいく思想なり構造でありすぎたので、

その辺の「良い按配の距離感」てのが至難と思えます。

その会社から外されると、その人は「ダメ」の烙印を押される傾向がまだ多いですし。


そういう意味での「いい意味でのリベラル思想」ってのも健全な保守思想同様に、日本社会に不可欠かもって。

ではまた。



遍照飛龍 #RFphBmaY | URL
2018/12/31 10:20 | edit

おまけ・・

あけましておめでとうございます。



日本の学校教育って「従順で素直」が至高の価値観ってなってますよね・・・

そうなると、それに良く染まった子は、確実に「考えない」ようになります。

有能な人に白紙委任って、そういう人たちはなります。


そもそも体育会系でも「指導者に意見を言う」だけで「反抗的」てなります。


その社会文化を変えないと、多分、日本は植民地化するか放射能で死に絶えるかも・・

て、思ってます。


まあ、それへの怒りが、ボツボツ出てきているように思えますが・・・



ともわれ、今年も良い年でありますように。




遍照飛龍 #RFphBmaY | URL
2019/01/02 09:29 | edit

あけましておめでとうございます。

今年も組織や社会について考えていきますので、よろしくお願いいたします。

とまべっちー #WSsdzqd. | URL
2019/01/02 11:07 | edit

コメントの投稿

ブログパーツ