とまべっちーの考え事

ホラクラシー組織の学習塾を作ってみたい。

初公判の感想とか  

 初公判があったがアクセス数はたいして伸びなかった。テレビで報道された瞬間だけちょっと増えた。ツイッターのTLもそんな感じだった。このぶんでは判決が出ても「ああやっぱりね」くらいの反応で終わるのかもしれない。今後社会的議論が起こるとすれば、判決が確定した後、新聞や有名知識人などがこれを取り上げて論考を発表するときだろう。それまでは寝て待つとするか。

 被告が名誉棄損で原告に対し反訴したらしいが、揚げ足取りの難癖にすぎない。清水は登録者数1万人のYouTubeチャンネルを持っており、弁明する機会はいくらでもある。原告のSNSの影響など高が知れている。

 「清水叩きは時期尚早」と主張している人もいるようだ。要するに「疑わしきは罰せず」と言いたいらしい。一般論としては分かるが、法廷外の世論にもそれなりに大きな社会的な意味がある。だからゴーンも批判される。そういう風潮は良くないという意見があってもいいが、私はそれにも一定の意義があると思っている。(手放しで容認するわけではないが。)

 私はビ・ハイア社長としての清水というより、一月万冊の配信者としての清水を批判してきた。公開されているコンテンツに対する論評である。あのような情弱ビジネスも違法ではないのだろうが、道義的に問題があると思ったので批判した。「これはおかしいだろ」という声をちゃんと上げる必要があると思った。パワハラの事実については知る由もないので裁判を見守るだけだ。

 一月万冊のブログや動画を見た人たちがいろいろなコメントをしているが、それは論評の範囲内だと思う。中には何の根拠も示さずにただ暴言を吐いている人もいるし、被告の言うところによれば電凸などの嫌がらせもあったそうだ。そういうのは「叩き」とか「いじめ」と呼ぶべきだろう。そういうことは自制すべきだ。

 それにしても倫理とか正義を主張するのは厄介なことだ。くだらない自己啓発ビジネスに喜んで金を払う人たちもいる。それがものすごく不誠実なものであっても、自分が気持ち良ければ構わないという。そういう感覚の人には私の言葉は届かない。そのことが分かったので、詐欺まがいの情弱ビジネスをいちいち批判するのはもうやめようと思っている。誰のためにやっているのか分からないし、批判者としてのリスクを背負うのもバカバカしい。私は倫理や正義をもっと別の形に結実させていきたいと思う。

 ZOZOの田端氏が大人の物言いをしていた。イケハヤの強権的な組織統治のやり方に対して批判しつつも、そのロックな生きざまには共感を示していた。苫米地のことは「話半分で聞くべき人」と表現しており、こちらも全否定ではない。老獪というか、落としどころを知っているというか。

 今後は私も、自己啓発業界に対してはやんわりと遠ざけるような表現をしていこうかなと思う。本当は言及もしたくないのだが、なにしろプレーヤーが多い業界であり、メディアへの露出が多いので、どうしても触れないわけにはいかない。

カテゴリ: 一月万冊 清水有高批判

tb: --   コメント: 0

コメント

コメントの投稿

ブログパーツ